2019年1月7日月曜日

2019年リハネットセミナーを開催いたします!

日程は、平成31年3月9日(土)
時間は 13時30分~17時
受付開始は13時です。
終了後に総会、懇親会を開催します。
場所は、JICA地球ひろば(市ヶ谷)
会費は、1000円。懇親会は、4000円
プログラム
 青年海外協力隊の活動と帰国後の展開
 第一部 隊員活動 モザンビーク
     久長 竜太氏 理学療法士
 第二部 OB活動 島唯一の療法士としての活動
     小泉 裕一氏 理学療法士
 第三部 OB活動 Reha-Carer for ASIAを立ち上げて
     國谷 昇平氏 作業療法士
申し込みは、こちら からもできます。

多くの方のご参加をお待ちしております!


2018年12月1日土曜日

グローバル活動セミナー

 来年2月3日、東京工科大学で「グローバル活動セミナー」を実施します。
 今回のセミナーでは、OTの国際協力分野でのキャリアパスに関する基調講演をはじめ、なかなか聞くことのできないヨーロッパやオーストラリアの留学事情、医療通訳として活躍されている方の実践報告など多岐にわたる内容となっております。

 OTのみの対象ではなく、PTの方や学生さんにも参加してもらえます。
 添付のファイルに詳細を記載しておりますので、ぜひ皆さんご参加ください。

 ******************************

 「グローバル活動セミナー 海外で働く、学ぶ、生活する 
           ~作業療法士が活躍できる海外の選択肢~」

日時:2019年2月3日(日)10:00~16:00
場所:東京工科大学 蒲田キャンパス
内容:
 【基調講演】松尾英憲
「OTが国際協力に参加し、継続していくキャリアパス」

【実践報告】
① 「在日外国人患者を対象とした外来リハビリテーションの実践」塩田渡留侍
 「イギリス大学院へ 英語のできない人の留学準備とイギリスでの修士課程 ちょこっとネパール」大久保千紘
「海外で学ぶことの意義と難しさ ~オーストラリア大学留学経験から~」上梓

その他、情報共有のワークショップを予定

***************************
****

2018年11月18日日曜日

国際リハビリテーション研究会 第2回学術大会

 国際リハビリテーション研究会 第2回学術大会が、2018年11月24日(土)に、聖心女子大学4号館、聖心グローバルプラザにて開催されます。

 参加される方は、学会HPやチラシのQRコードよりお申込み下さい!



多くの皆様のご参加をお待ちしております!

2018年11月12日月曜日

グローバルフェスタJAPAN2018

 2018年9月29日(土)~30日(日)に、お台場センタープロムナードで、グローバルフェスタJAPAN2018が行われました。

 JOCVリハビリテーションネットワークでは、毎年出店をしていますが今年も出店しました。活動の紹介と二本松の仮設にお住いの方が作った作品を販売しました。




2018年8月27日月曜日

グローバルフェスタJAPAN2018 ブース担当者募集のお知らせ


グローバルフェスタが今年も開催されます。
国内最大級の国際協力イベントです。

JOCVリハビリテーションネットワークもブースを出します。

ブースで物品販売したり、これから協力隊に行きたい方への相談などを行います。
そこで、ブースをお手伝いしてくれる方を募集しています。
短い時間でも結構ですので、グローバルフェスタに参加ついでにご協力いただければ大変ありがたいです。
お待ちしています!

可能な方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
担当 森下賀子
アドレス gako06@yahoo.co.jp


グローバルフェスタサイト⇒ http://gfjapan2018.jp/

開催日程 2018929日(土)・930日(日)
開催時間 各日10001700 予定)
開催場所 お台場 センタープロムナード
(シンボルプロムナード公園内)(予定)
東京都江東区青海1-2
■参加費  無料

昨年の様子



2018年7月7日土曜日

国際リハビリテーションセミナー2018
第1回通常総会の開催
「国際リハビリテーション学の黎明に語り合う」


 国際リハビリテーション研究会からのお知らせです。

 7月14日(土)12:30~16:30、聖心女子大学聖心グローバルプラザにて、「国際リハビリテーションセミナー2018及び第1回通常総会」が開催されます。

 皆様のご参加をお待ちしております!






2018年7月2日月曜日

協力隊まつり2018のご報告

 今年も協力隊まつりが4/21〜22にJICA市ヶ谷で開催され、JOCVリハビリテーションネットワークでも
ブースをだして、福島二本松の仮設住宅で浪江町のおばちゃん、おばあちゃんたちが作った刺し子や巾着袋
髪飾り、アクリルたわしなどを販売したり、国際協力、青年海外協力隊に興味があるリハビリ職の方のご相談にお答えしてきました。

 浪江町のおばちゃん、おばあちゃん達の作品はどれも柄や色あいが素敵で、丁寧に作られていて、みなさん立ち止まってみてくださってました。
 刺し子や髪飾りは、国内外のお土産に喜ばれるので私も毎年購入します。今年はお弁当箱にちょうどいい布バッグも購入しました。

 また、リハビリの学生さんや若いセラピストの方が見えて、「協力隊の魅力」「途上国に行くメリットやデメリット」を聞かれ改めて、途上国でリハビリをすることの意味や現地の人に何を伝えられたのかを考えさせられました。
 また、この秋からベトナムに協力隊で行く方は、職種は障害児教育で、現地の様子や似たような職種で活動した方を
探しておられ、ベトナムつながりで知り合いの方をご紹介しました。

 初日の半日程度の参加でしたが、今年も楽しく、出会いの多い時間を過ごすことができました。
来年もありますので、みなさん遊びにいらしてくださいね。

写真1 作品はこんな感じで販売しています。おしゃべりしながらのんびりやってます。


写真2 リハビリの学生さん、熱心に途上国で活動することを質問されていました。
 (西本敦子)